肝臓の数値が悪かったら!肝臓に効果のある肝機能改善サプリ徹底比較

肝機能改善サプリ,肝臓の数値が悪い,効果

肝機能は人間が生きていくためのエネルギーを生産してくれる重要な器官です。
具体的な肝臓の働きは、栄養分の分解、合成、貯蔵を行い、生きていくためのパワーを供給してくれます。
有害なアンモニアを分解して排出したり、胆汁の生産など身体の調整をしてくれる働きをしてくれます。

 

肝臓は「沈黙の臓器」と言われるほど、ダメージを受けていても症状が現れにくい特徴があります。
そのため肝臓の数値が悪く黄疸などの症状が出てくる段階では、かなり進行してしまっている状態です。

 

肝臓の数値が悪くなると脂肪肝肝硬変ウイルス肝炎肝細胞ガンなど様々な病気を誘発してしまいます。
肝臓の数値が悪くなり始めている時は、生活習慣の改善肝機能改善サプリで早めに対応する方法があります。

 

肝機能改善には「しじみエキス」などの肝臓に良い成分で改善する方法もあります。

肝機能改善サプリメントの効果とコストで考えた総合比較表

オルニチン総合比較表

安心返金保証もあるオルニパワーZnプラス海宝の力が効果・コストでも良さそうです♪

 

肝機能改善サプリメントの効果とコストで考えた総合ランキング

オルニパワーZnプラス

オルニパワーZnプラスの特徴

業界トップクラスのオルニチン800㎎配合のオルニチンサプリ+亜鉛
疲労回復・二日酔いに悩んでいる方に人気がります!!!
●業界トップクラスのオルニチン800㎎配合!
●日々の活力に欠かせない亜鉛12mg配合!
●生命を守る赤い力アスタキサンチンも配合

【通常価格】4,500円(120粒/30日分)
初回限定:980円 初回78%オフ+30日間安心返金保証
オルニパワーZnプラス

海宝の力

毎日の亜鉛補給「海宝の力」の特徴

元気な男性!美しい女性!自分づくりの亜鉛サプリ「海宝の力」
広島県瀬戸内海産牡蠣を190個分を使用!
「海宝の力」だったらたった3粒17mgの亜鉛を取得できます!
島根県宍道湖産の大和シジミも配合!
「海宝の力」だったらたった3粒しじみ200個分オルニチンを取得!
朝シャキッとしない方!疲れが残っている方!
お肌のハリ、髪ツヤに悩んでいる女性の方にもオススメです♪
【通常価格】4,980円(90粒/30日分)
初回限定:500円 初回90%オフ+10日間安心返金保証
海宝の力

レバリズム-L

レバリズム-Lの特徴

肝臓の働きをしっかりサポートしてくれる肝宝の力
数値・飲み過ぎが気になっていた97%の方が大満足!

「肝臓」の解毒力・エネルギー代謝力と回復力をサポートする6つの成分配合!
しじみエキス(静岡県産)牡蠣エキス(岡山県産)スクワレン(千葉県産)
L-シスチンビタミンB2ビタミンE

【通常価格】5,980円(90袋/30日分)
今なら980円 初回5,000円引実施中!
レバリズム

レバーが肝心

レバーが肝心の特徴

肝機能の低下による疲労・二日酔いの改善なら【レバーが肝心】
「肝臓エキス」「ウコンエキス」「しじみ(オルニチン)」のトリプル配合!
その他にも8種の必須アミノ酸、ビタミン、ミネラル、ポリフェノール、などを一粒にギュッと濃縮!
・アルコール摂取前に飲むと酔いにくく二日酔い予防にもなる!
・翌日にお酒が残らない為、朝の目覚めがスッキリ!!
・アルコールを摂取する時だけでなく毎日摂取し続けて頂きたいです♪

【通常価格】2,980円(30粒/30日分)
初回限定:500円 トクトクキャンペーン84%OFF実施中!
レバーが肝心

協和発酵バイオのオルニチン

協和発酵バイオのオルニチンの特徴

アミノ酸製造のパイオニアの協和発酵のオルニチン
既に150万人以上が愛用している大ヒット商品
ほんの小さな一粒に、なんとしじみ300個分の栄養力!
協和発酵バイオのオルニチンなら確かな技術と品質で信用力が高いです!
オルニチンサプリの売上No1に何度も輝いているロングセラー商品

【通常価格】1,543円(90粒/15日分)
今なら500円 67%オフ!15日分のお試し特別価格
協和発酵のオルニチン

脂肪肝とは|改善方法と症状がわかる脂肪肝の対策方法まとめ

脂肪肝は近年30代から40代の方々に増えています。
そもそも健康な肝臓でも3%から5%の脂肪を溜めているのですが、
脂肪肝とは、肝臓に中性脂肪やコレステロールが溜まりその数値が5%を超えた場合を指します。

 

脂肪肝の原因と改善方法

脂肪肝は通常であれば体に皮下脂肪として蓄積される脂肪が肝臓に溜まるとで起こります。
それは主にお酒の飲み過ぎ食べ過ぎに起因することが多いです。

 

特にお酒の飲み過ぎによって起こるアルコール性の脂肪肝は、そのまま放置すると肝硬変に進むこともあります。
しかし自覚症状がないので、自分ではわかりにくいのが脂肪肝です。
つまり日頃から意識するしか無いのですが、その改善方法に効果的なのが運動療法と食事療法です。

 

脂肪肝改善の運動療法

「脂肪」といえば「痩せる」という解決策を思い浮かべる方もいると思いますが、
食事制限などで体重を減らすだけでは、筋肉量が落ちただけで望む結果は得られないことがあります。

 

そのために、食事のカロリーカットと並行して、ウォーキングなどの運動を取り入れます
その運動量は、1回に10分から30分程度の運動を週に3回以上行うことが効果的です。
運動をすると、早い人なら2週間から脂肪肝に変化がでます。

 

脂肪肝改善の食事療法

「痩せるために食事の量を減らす」これでは脂肪肝の対策とは言えません。
もっと具体的に、動物性タンパク質を減らし、中性脂肪を下げる作用がある青魚を摂取することを意識することが大事です。

 

炭水化物も、主食以外のお菓子やジュースは控えるようにしていきます。
ただ食事制限をしていくとどうしても不足がちになるのが食物繊維です。
食物繊維を積極的に取ることと、できればビタミン類も意識的に摂ることをおすすめします。

 

このように、運動・食事両方からアプローチをかけるのがベストですが、何よりも大事なのは続けることです。
運動療法であればウォーキング、食事療法であればサプリメントを活用するなど自分が無理なく続けられる方法を見つけましょう。

肝硬変とは|症状と改善方法について検証

肝機能改善サプリ,肝臓の数値が悪い,効果

肝硬変とは、肝細胞の壊死や炎症が繰り返された結果、肝臓が小さく硬くなってしまう病気です。

 

肝硬変の原因は様々で、アルコールやウイルス、そして薬物や感染症など、多岐にわたることで知られています。
日本人の肝硬変の原因で多いのが肝炎ウイルスアルコールによるもので、肝硬変の原因のうち8割以上を占めています。

 

肝硬変の症状

肝硬変は始めのうちは自覚症状がなく、だんだんと重症化していくにつれて全身の倦怠感吐き気嘔吐腹痛など様々な症状が出るようになります。

 

肝硬変はそのまま放っておくと肝臓がんや食道静脈瘤など、より重度の病気に発展する恐れがあるため、
症状が出始めた時は早急に治療を受ける必要があります

 

肝硬変の改善方法

肝硬変の改善方法は、主に薬物療法が採用されています。
人によって効きやすい薬が異なるため、一人ひとりの患者にあった薬が投与されます。

 

また、薬物療法と並行して食生活の見直し(食事療法)も行われます。具体的には、1日に必要な摂取カロリーをきちんと計算し、

  • 少し多めぐらいのカロリー摂取を心がける
  • タンパク質を取り過ぎない
  • 塩分や鉄分の摂取を控える

といった食事療法が治療として挙げられます。

 

肝硬変は、放っておくと他の病気に発展しやすいため、できるだけ早いうちから適切な治療を受けていくことが肝心です。

肝細胞ガンとは|症状と改善方法について検証

肝機能改善サプリ,肝臓の数値が悪い,効果

肝細胞ガンとは、肝臓に出来るガンの一つで、日本人がかかる肝臓ガンの中で最も多い割合を占めています。

 

肝細胞ガンとは、その名の通り肝臓の細胞に出来るガンであり、初期症状に乏しく、日常生活にも支障がないため、ガンの存在に気づきにくいのが特徴です。

 

肝細胞ガンの症状

ガンが進行にするにつれて徐々に自覚症状が現れるようになり、
全身の倦怠感食欲不振黄疸貧血肝臓部分のしこりなどが出るようになります。

 

また、肝細胞ガンは、「肝炎ウイルス」が原因の8割近くを占めているため、
自分自身が肝炎ウイルスに感染している場合は早期発見のために定期的に検査を受けることが大切です。

 

肝細胞ガンの改善方法

肝細胞ガンは様々な改善方法が行われています。
最も確実にガンを取り除く方法として挙げられるのは、手術によってガンを切除する方法です。
ガンを直接取り除くことが出来る反面、患者への負担が大きく、他の治療に比べて治療期間が長くなる傾向にあります

 

手術の他には、以下の様な方法が挙げられます。

  • 特殊な針を使ってガンを焼く方法
  • ガンにエタノールを注入してガンを壊死させる方法
  • ガン治療で頻繁に用いられる抗ガン剤による治療
  • 放射線による放射線治療

 

近年では、副作用が強い抗ガン剤に代わる新しい薬による治療法も行われているようですが、何よりも早期発見が大事です。
日頃から定期健診を怠らないことと、予防に努めたいところですね

ウイルス肝炎とは|早期発見によって症状の改善方法があります。

肝機能改善サプリ,肝臓の数値が悪い,効果

ウイルス肝炎とはB型肝炎ウイルスとC型肝炎ウイルスの二つの型が大多数を占めています。

 

日本にも約200万人前後の患者が存在する病気です。
またA型やE型も存在しますが、A型・E型は水や食べ物を介して感染するのに対して、B型・C型は血液や体液を介して感染するという違いがあります。

 

そして肝炎とは肝臓に感染し炎症を引き起こす病気を指し、ウイルス肝炎とはウイルスによって肝臓の炎症を引き起こす病気です。
しかも肝硬変や肝がんなどの深刻な症状を引き起こす可能性のある怖い病気でもあります。

 

そこで、医療機関の検査を受けて早期発見を行ない、改善方法を施すことで治療を行なうまたは予防処置をとることが大事です。。

 

ウイルス肝炎の改善方法

改善策としては、抗ウイルス治療としてインターフェロン療法があり、インターフェロンという薬を注射することによって改善していく方法があります。
また、肝庇護療法という肝細胞が壊れる速度を遅くする治療法もあり、抗ウイルス治療で効果がなかった場合に用いられる方法です。

 

ウイルス肝炎の予防方法

日本人に多く発生しているB型・C型は、血液や体液を介して感染するものなので、
日常生活で注意さえしていればほとんど感染することがありません。例えば、

  • 他人の歯ブラシやカミソリを使用しない。
  • 感染している人への性的な接触にはコンドームを活用する。
  • 怪我などで血液や分泌物が付着したものは包んで捨てる。(再利用する場合には漂白剤をつけて消毒する)

といったことに注意していれば、予防することは難しく無いのです。

 

また、もし感染してしまった場合の話ですが、B型には有効なワクチンが存在しますが、C型には有効なワクチンが存在してないのが現状です。
いずれにしても予防という意識をしっかり持っていることが一番ですね。

 

 

非アルコール性脂肪性肝疾患とは|症状と改善方法まとめ

肝機能改善サプリ,肝臓の数値が悪い,効果

非アルコール性脂肪性肝疾患という疾患があるのをご存知ですか?

 

脂肪肝と一言にいっても実は大きく分けて2種類あります。
一つはアルコール性脂肪肝疾患で原因はアルコール摂取の量が日常的に多く、肝臓で代謝しきれず肝臓に脂肪としてついてしまった状態を指します。

 

これに対して非アルコール性脂肪性肝疾患とはアルコールを原因としない、つまり摂取カロリーが代謝カロリーを超えている場合を指します。

 

非アルコール性脂肪性肝疾患の症状

初期の頃には特に症状として現れる事は少なく症状が悪化して肝炎になり
血液検査などで肝機能の数値の変化が出るまで気づき難い場合があります。

 

また肝炎になる前に見つかるケースとしては超音波検査での画像で傍にある腎臓より肝臓の画像が白っぽく見える事から診断がつきます。

 

非アルコール性脂肪性肝疾患の改善方法

非アルコール性脂肪性肝疾患の改善方法は日頃の食生活の改善です。

 

脂の多い肉類を日頃から多く取っている場合は肉から魚へと変え、料理の方法も油を控えたものにします
また日常の生活で必要以上の食事を取っていると病状を悪化させる危険性もあるので、節制することが望まれます。

 

また、摂取カロリーと代謝カロリーのバランスをとる必要がある為、
現状の体重を基に代謝カロリーを増やすように毎日の生活に運動を取り入れ、エネルギーを代謝しやすい環境を作れれば尚良いですね。

 

大きな病気となって後から後悔しないように日頃から小さな努力を続けることをおすすめします。

ALT(GPT)やAST(GOT)の肝機能数値が悪い時の病気とは

肝機能改善サプリ,肝臓の数値が悪い,効果

肝機能の数値が悪い内容だった場合、どんな病が隠れているのでしょう。
肝臓は沈黙の臓器ともいわれ、悪くなってもあまり自覚症状としてあらわれないので、肝機能の数値に異常があらわれた場合は注意が必要です

 

肝機能をはかる数値には様々な種類のものがあります。
少し専門的な用語が並んでしまいますが、知っていて損することは無いので頭の片隅にでも置いておいてください。

 

ALT(GPT)とAST(GOT)

ALT(GPT)とAST(GOT)ですが、これが高値というのは肝炎肝臓がんなどによって肝臓の細胞が壊されていることを示しています。
ALT(GPT)とAST(GOT)は肝臓に多く存在する酵素の一種であり、
肝臓に異常があるとこれらの酵素が大量に放出されるため高値になるのです。

 

ただし、ALTは肝臓がほとんどですがASTは肝臓以外の心臓や筋肉などにも存在するので、
ASTの数値だけが高い場合は心臓や筋肉の疾患も疑われます。

 

γ-GTP

γ-GTPですが 、解毒に関与する酵素でこれが高値になるのはほとんどがアルコールが原因です。
お酒を控えることで数値は改善されますが、あまりにも高値の場合は脂肪肝なども疑われます。

 

ALP

ALPはアルカリホスファターゼといわれる酵素で、肝臓以外の臓器にも多く含まれるのですが、胆道の異常がこの数値を高くする原因になります。
このALPの数値に合わせてALTやASTの数値も見ていく必要があります。

 

総ビリルビン

このビリルビンは酵素ではなく色素です。これは血液によって肝臓に運ばれ胆汁の中に排出されます。
肝硬変肝不全などが進行し、胆汁がうっ滞することで数値が上がるのです。

 

このように健康診断などで肝機能の数値が悪ければ、例え自覚症状はなくとも病院で詳しい検査をすることをおすすめします。

【肝臓に効果的な肝機能改善サプリを比較評価】参考情報